携帯電話の進化が止まらない

みなさんは携帯電話を持っていらっしゃいますでしょうか。おそらく今の世の中ではほぼ全員の方が携帯電話を1台は持っており、便利にお使いであると思います。しかし、十数年前にはそれらは存在していなかったアイテムでした。IT、家電(携帯)の技術進歩はすさまじいものがありまして、数年前には考えられなかったようなIT、家電(携帯)の機能が次々と生み出されています。 それらのIT、家電(携帯)の世界ではじめに登場したのはポケットベル、これは簡単なメッセージを送ることができるアイテムで、公衆電話のダイヤルプッシュをつかってメッセージを作成するものでした。そこから進化して、携帯電話が登場するわけなのですが、今のようにきれいな画面ではなく、白黒の液晶画面があるだけでした。機能も電話のみしかなく、メールができるようになったのはそこからまたしばらくたってからの話です。 その後、メールができるようになり、さらに液晶画面もカラーになりました。これだけでもものすごい進歩だったのですが、そこからさらに通信速度の飛躍的アップが何度も起こります。これは携帯だけの話ではなく、IT、家電(携帯)業界全体に対して言えることなのですが、インターネットなどの情報通信速度が何倍というレベルではなく高速になっているのです。それに伴い携帯での通信速度もアップし、3G、4G通信などが出るようになります。そして、本体自体もガラパゴス携帯と呼ばれるものからスマートフォンと呼ばれるものに移り変わりつつあります。若者のもつ携帯は、今やほとんどがこのスマートフォンになりました。 スマートフォンはどちらかというと電話というよりもパソコンに近いのではないでしょうか。機能面でもパソコンと携帯の差がどんどん狭まっており、パソコンと携帯を同期して同じデータを共有するということも簡単に可能になっています。 これからも更なる進化を続けていくと思われますので、私たちの生活はより便利になっていくでしょう。

ドンドン進化していく機械

機械は概念的に考えれば、人間の手を使わずに自動的に作業を行ってくれる物であります。例えば駅の改札機、昭和時代は人間が切符を拝見していたが、平成に入り切符を自動的に通す事で大幅に人員削減に成功しています。そして、通す物を切符から携帯 ~ 詳しくは見出しから・・

トップへ