ドンドン進化していく機械

機械は概念的に考えれば、人間の手を使わずに自動的に作業を行ってくれる物であります。例えば駅の改札機、昭和時代は人間が切符を拝見していたが、平成に入り切符を自動的に通す事で大幅に人員削減に成功しています。そして、通す物を切符から携帯、カードにすることでお客様の切符購入時間の短縮に成功しています。それも、IT、家電(携帯)の進化によるものであります。進化によって人間の生活は益々便利になり、生活のありとあらゆる時間が短縮されています。携帯電話も持ち運び出来る形として登場してから、セキュリティ観念を考慮した折りたたみ式になり、現在ではスマートフォンとしてパソコンを融合させた形として世の中に普及しています。このように一昔前では考えられなかった形として様々な機械が登場していることからIT、家電(携帯)の進化は人々の生活を豊かにしていることになります。5年後、10年後には今アナログとして普及している物も違った形として普及しているかもしれません。

トップへ